伊達十万石の歴史がここに蘇る…

仙台藩祖 伊達政宗の長男 秀宗より始まる宇和島伊達家。初代秀宗の入部以来明治維新まで9代の藩主が「西国の伊達」として、伊予宇和島十万石を治めました。また、伊達家が居城とした宇和島城(天守)は、現存12天守の一つであり、国の重要文化財に指定されています。 この宇和島伊達十万石の城下町として栄えてきた歴史や文化、伝統の魅力を誇りとし、新たに「伊達なうわじまお城まつり」と題して、大々的にイベントを開催します。

当日のイベントを盛り上げてくれるスペシャルゲストをフィーチャーします!

詳しくはこちらから

5月4日秀宗公入部伊達五十七騎大武者行列で何かが起こる!?

■5月4日13:40~17:30
■きさいや広場→国道320号→宇和島商店街→宇和島城

お城山公園でのステージイベントも魅力満載!見逃せません!